「鯖江の職人技を愉しむ」 第一話

最近、一般にかなり浸透しているのが

「福井県 鯖江市はメガネで有名」という話。

業界では普通の事でしたが、一般的にはかなりコアな事実でしたので

知る方はあまりいなかったように思います。

その後、いろいろなメディアで取りあげられ、日本の物作りが注目され始めました。

中でも鯖江の、眼鏡における匠の技の奥深さはかなり知れ渡ることになりました。

 

そんなこんなで堅い話は終わりにして!

眼鏡なので、まずはかけていただけると一目瞭然!

「おおっ!かけやすい!」ってなること請け合いです。

P1010034 P1010036

F&F社の「fun &function」。

男性向けに作られた「かける愉しさ」を提案する眼鏡です。

0.6~0.8mmの極薄のβチタンから生まれるのは軽さと究極のバネ性。

写真では伝わりにくいのですが、弾力性がありながらレンズに負担がかからないしっかり構造になっております。

独特の表面処理をしているバリエーションもありますので、さり気ない個性も楽しめます。

 

鯖江の物作りの妙を是非ご覧になってください。

(F&F社 fun&function  32400円~)

 

 

実はメガネの担当者のブロガー「春眠」本間でした。