タフな機械式時計

昨日にひき続きましてのご紹介です。

「タフな機械式時計」でお馴染みのボールウオッチです

アメリカ鉄道時計として、1891年に創業しましたボール ウオッチは「あらゆる過酷な環境の下で正確な時を告げる」をモットーに

タフな機械式時計作りと自発光マイクロ・ガスライトが特徴で、日本でもじわじわと人気が高まっている大注目のブランドの1つです。

そして2012年、過酷な環境への挑戦を続けるボールが着目したのは

「深海」

その名も

「エンジニア ハイドロカーボン ディープクエスト」

まずは、動画をご覧下さい。

ホラ ホラ ホラ すごいでしょう。

続きは、また次回に・・・・

苫小牧店のN氏こと中館でした。